麦茶は万能じゃない話(夏場持ち歩く水分について)

うちは一年中麦茶を飲んでいます。
家族も空きペットボトルに麦茶入れて持ってったりもします。
しかし、夏は麦茶はなるべく冷やせる水筒または飲み切る量しか持って行きません。
なぜかというと、麦茶って痛むのが早いんですよ。
麦茶は元々大麦ですよね。
お茶や紅茶は、茶です。
茶には、菌が繁殖しにくい成分が入っています。
なので、同じ条件で暑い時期持参しても、紅茶や緑茶はなかなか悪くなりません。
自分も持ち歩いて飲んでたら分かりますが、子どもに持たせててチェックしていないと、知らない間に痛んだ飲み物を飲ませてるかもしれませんよ。
お気をつけください。

ちなみに、私は夏場は冷蔵庫のガラスポットに水を入れてティーバッグを入れ、常に水出し紅茶を作っています。
ティーバッグだけ持って出て、冷水機があったら水筒にティーバッグと冷水を入れると、しばらくすると紅茶が出来ます。
紅茶より水が良いんでしょうけど(カフェインが入ってるから~)、飲みやすいので紅茶+水を飲んでます(あとは塩持って嘗めたりしている)。
よろしかったら、お試しください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です