2017年のテーマ「自分のやりたいことに対する不具合を自分で見つけて自分で解決したいって人だけ手伝う」

新年なので目標を立てたかったのですが、今日までぐだぐだと決まらずにおりました。
そしたら、昨日かっとなって書いた記事が思いのほかみなさんにウケたではないですか。
そこで思ったんですが、今年はこれをテーマのひとつにします。

「自分のやりたいことに対する不具合を自分で見つけて自分で解決したいって人だけ手伝う」、です。

2017年っていうか、もっと長いスパンでのテーマのひとつですね。
この一文の中には、いくつかポイントが入ってるんですよ。

「自分のやりたいことに対する不具合」は、原因が自分のやっていることであることがけっこうあります。
たとえば、
 ・腰痛や膝痛などの痛みで動けない
 ・便秘でいつも不調
 ・運動が苦手
 ・人に敬遠されがち
 ・人に理解されにくい
 ・子供が運動が苦手、成績が振るわない、子供の便秘、食が進まない
 以上の原因が、自分のやっていることにある場合があります。
これ、「自分そのもの」じゃなくて、「自分のやっていること」です。運動が苦手なのは「もともと運動神経が悪い」んじゃなくて、やらなくてもいいことをやってることが運動を苦手にしてる場合があります(まあ、ある程度限界はありますが←体育1とか2だった人)。

「自分で見つけて」というのは、不具合の原因を見つけるのって、意外と大変だからです。よく言われるたとえに「妊娠すると子供が街に溢れてるように見える」というのがありますが、見つけるためのポイントがわからないと、見てても見つからないということを表す一例だと思います。キネステを学ぶと動きの不具合の原因を見つけるポイントがわかるようになりますが、他の事も要領は同じです。この要領をうまく使うと日々の困りごとが粗方なくなるんですが、詳しく書くと長くなるんでまた後日。

「自分で解決したいって人だけ」というのは、結局自分でなんとかしようとしないと、その場しのぎになるからです。キネステティク・クラシックでも言ってますが、困ってなければそのままでいいんです。昨日の記事も、乗っ取られてても人に影響が及ばなくって自分が困ってなければそのままでいいんですよー。

ということで、お年玉付きネステによかったらご参加ください。規定の内容以外に、介助の質問にお答えする時間もとってありますよ~。難しいことは無理ですが、初歩的なネット関係の話を聞きたい人も是非どうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です