【エサレン®マッサージについて】

エサレン®マッサージは、カリフォルニア州エサレン研究所で生まれた、人間の持っている様々な側面――身体とこころとスピリチュアリティ――に働きかけるボディワークです。

エサレン®マッサージは、通常、全身のオイルトリートメントとしておこなわれます。さまざまな触れ方やストレッチ、ゆらしなどの手法があり、中でも「ロングストローク」という、身体にひとふで描きのように途切れることなく、軽いタッチで長く触れてゆく手技が大きな特徴のひとつです。
ロングストロークは、身体に緊張の少ない状態で他者による途切れのない長い接触を持つことにより、自分のボディイメージに働きかけ、そのひとの存在そのものに対しての深い洞察を導くようなセッションをもたらします。

エサレン研究所とは

エサレン研究所は、1962年にカリフォルニア州の自然豊かなリゾート地である、ビッグ・サーに建設されました。
人間をボディ・マインド・スピリットの総合的な側面から探求するために、エサレンには心理学者、ボディワーカー、芸術家など幅広い人々が集まりました(支援と学習のキネステティクス®の創始者、フランクとレニーもエサレンに滞在したことがあるそうで、確かにエサレンの手技の中には彼らの影響を感じさせるものがあります)。
現在の形が出来る過程で、エサレン®マッサージには、ゲシュタルト療法、ロルフィング、センサリー・アウエアネス、フェルデンクライス・メソッド、トレガー・アプローチなどの様々な心理的・身体的なワークの要素が加わっています。

 

【からだと.のエサレンへの想い】

自分の身体に、どのくらい気付いていますか?はなひらく

自分の頭で考えて「こういうものだ」と判断している以上に身体には可能性があり、豊かな資源(リソース)を持っているかもしれません。
どんなに多くの可能性や資源を持っていたとしても、それが埋もれていれば、自分ひとりの力でそれを見出だし、使えるようにしてゆくことは、難しい場合があります。
なぜなら、気付いていないもの、そこに感覚が無いものは、使おうとすること自体が難しいからです。

「感じること」を妨げないゆっくりとした軽いタッチ触れられることは、自分の身体に改めて気づく糸口になります。タッチに身体がいま求めている香りが加わることによって、思考から感覚へと、意識がシフトしやすくなるかもしれません。
気付くことにより、身体やこころは変わります。
それは劇的な変化である場合もあるでしょうし、時が経ってからふと気付く「そういえば」というような変化である場合もあるでしょう。
触れることを通して、セッションを受けるひととするひとが、気づきや変化のプロセスを共にできるボディワーク。
それが、からだと.の、エサレン®マッサージです。

 

・セッションの時間、料金などにつきましては、こちらをご覧ください(学習のためのセッションを受けなければならない人のための学習者割引、連続セッションを希望する方のためのリピーター割引もございます)
・最新のセッション受付日程はこちらからご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です