なんともなければ、なんとも思わない(キネステティク・クラシック ネオ?)

現在電車待ちのホームでこれを書いております。

先程歩きながら考え事をしておりました。
今日プール行こうかなとか思ってたのですが、この前はすごく混んでたなーしかも本気で泳ぐ人で混んでたなー暑くなってきたからかなー今日はどうかなーとか思って、ふと気付くと、何のためにプールに頻繁に行っていたのか全然考えていない自分にびっくりしました。
プール、肩が痛くて動きにくくなって、それのリハビリ的な意味で行ってたのです(あとは運動するための荷物が少なくてすむとかも有ることはありますが)。

痛かった時はずーっと考えてたのに、
痛くないと、存在を忘れる!

分かってはおりました。
人に言ったりもしてました、「力抜いてって言えば言うほど抜けない」問題とか。
しかしこんなに忘れるのね!!
思えば前回プール行ったとき、周りが本気過ぎたので私にしては普通に泳いでいたっけ(1コースに3人とかになるとマイペースだと迷惑っていうか事故りそうに思うため)

なんともないと、なんとも思わない。
この辺はキネクラネオだと感覚に入ってくる内容でしょうか。
健康とか環境とかってそういうものなんだなあと、改めてしみじみ思ったのでした。

最新の予定は、こちらをクリックしてご覧いただけます。

お問い合わせは下のメールフォームからどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です