空目と「ウェルスダイナミクス」

こんにちは。「広島アンデルセンの仮店舗調べようとしたら、この記事が出てきたよ」とキネステ仲間に言われたのが、地味に嬉しかったつかです。
それと全然関係ないのですが、先日「ウェルスダイナミクス診断テスト」というのを受けたので、そのことを書きます。

ウェルスダイナミクスとは、アメリカの人(←よく読んだらアメリカじゃないかもしれなかったのですが、自分の第一印象がそうだったのでこのままにしておきます。ちゃんと知りたい方はこちらをどうぞ)が考えた、性格とか特性とかを8つのプロファイルに分け、こうしたら事業が上手くいくよとか提案してくれるテストです(多分)。もともとなんで受けたかというと、フェイスブックで誰かが簡易テストの記事をシェアしていたからなのですが、そもそもなんで簡易テストを受けたのかというと、原因は、

空目

です。
カタカナに弱いのとそそっかしいのとで、ウェルスウェルに見えたんです。
ウェルネス(健康)とクラニオセイクラル・バイオダイナミクスの後半であるダイナミクスがくっついているなんて、これはクリックせざるを得ません。
で、クリックして結果を見たら、ウェルネスじゃなくて、ウェルスでした(爆)
勝手に性格と健康についての傾向とか分かるテストだと思ってたら「富(ウェルス)とは!」とかいかにもアメリカ的暑苦しい感で言われて驚きましたが、ある意味面白かったので、ちゃんとテストを受けたいなと思いました。
そうしたら、かつてクラニオの勉強をいっしょにしていたことがあるクラ友おおのぎさんが、このテストのプラクティショナーになったというではありませんか。
しかも、「最強のツールを手に入れた!」とか興奮している・・・
うわー、おおのぎさんに、うけてみたーい。
ということで、モニター募集に応募。
テストを受けて、セッションを受けました。

結果。
8分類では、おおのぎさんと同じプロファイル(爆)

同じプロファイルの人との、スカイプセッション。
こわいですね。っていうか、めっちゃ面白いですね。
言ってる事が、よく分かります。
っていうか、言う前から、分かります(爆)
どうしてそう考えてるのかとか(爆)
もちろんそれらは私の妄想にすぎませんが(爆)
逆に言うと、反対のプロファイルの人のいってることは、基本的にはわかんないわけですね。どのくらいわかんないか、おそらく反対のプロファイルだろうと思う人がごく身近に居るので、わかんなさ加減がよくわかります(わかんなさ加減はよくわかるが、なぜそう考えるかはわからない←ここが多分プロファイルが逆の所以)。
ここで思い出すのが、「私はあなたのいうことに合意できないし、あなたは私の言うことに合意できない、それはそれでそういうものだってことで私達は合意しましょうね」みたいな誰かの言葉です(なんだこのあいまいな引用)
違うと知ると楽になる。そういうのがはっきり分かるというメリットもこの手のテストにはあるんだなーと改めて思いました。

でも、すんごいぶっちゃけて言うと、おおのぎさんがこのテストにそんなに興奮する理由が、最初は分かりませんでした。
なんでかというと、おおのぎさんはおそらく、このテストが言ってるようなことは、テスト以前から、分かってるんじゃないかと思ったからです。
これはウェルスダイナミクスをよく知らない人間としての妄想ですが、おおのぎさんの(+私の)プロファイルに属する人は、こういうテストのような内容は、教わらなくても有る程度は分かってると思うのです。っていうか、生まれたときから沁みついてると思うんです。
でも、スカイプセッションでお話を聞いていて、あの興奮はそういうレベルの問題じゃないんだなーと、うっすら思いました。
ネタバレになるといけないので(というのも私の妄想です)説明できませんが、今後ウェルスダイナミクスに興味を持って、受けてみたいと思う人には、おおのぎさんのセッションをお勧めしたいです。
こんなに余すことなく診断テストからなにか搾り取って使えそうな人は、なかなかいないと思います(これも私の妄想ですよ)。

感想をブログに書きます!って言ったわりに、おおのぎさんに送ったのと全然違う内容になりました(爆)
・・・まあいっか、ゴールデンウィークだし(関係ない)
診断結果を、今後の人生に生かしていけそうなところは生かしていきたいと思います(←受けた時点で満足したため前向きなやる気が燃え上がったりとかあんまりしない系プロファイル※多分)

いやー、面白かった。受けてよかったです。
おおのぎさん、ありがとうございました!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です