介助のプロじゃなくっても、みんな動きのプロですよ!~キネステのコースへのご参加ありがとうございました

昨日までキネステティク・クラシックのパーソナルレベルをおこなっておりました。
今回、看護師さん、理学療法士さん、施術に携わっている方、お家での介護を視野に入れて参加してくださった方といろいろだったのですが、それがとても良かったと私は感じました。

プロの方は、介助をすることが前提の現場で働いていらっしゃいます。その分状況がシビアで、さまざまな場面に対応することが必要になってきますし、チームとして動くことが多かったりもします。
お仕事で介助をしていない方は、実際の介助の場面はそんなに多様ではないかもしれません。場所も、ご自宅や、介助を受ける方と一緒に出かける場面での介助と限定されていることが多いですね。介助に関わる方の人数も、ご家族とヘルパーさんとデイサービスの職員さんくらいで、そんなに多くなかったりします。
その双方の経験や状況が、それぞれ、他の人の介助の役に立ちます。

マンツーマンや少ない人数でじっくり体験をいたり、プロの方だけでコースをする方が、役に立ちそうに思う人も居るかもしれは思いません。
介助のプロでなくても、私達は肉体を持って動いて生活している以上、全員が動きのプロフェッショナルです。
色々な状況にある複数の人で、お互いのいろんな経験といろんな身体に触れることは、介助を仕事として行っている人だけの講座や、マンツーマンの講座だったりするよりも、気付きを豊かにしてくれます。
さまざまな動きを持つ多彩な肉体を持って、実際に身体に触れて学習することが、キネステ講習の醍醐味です。
本を読むだけでは得られない体験を味わいに、ぜひキネステに触れに来てください。そして、その後の人生を、今までよりも少し楽に動けて、やりたいことができるように変えて生きましょう♪

三日間お付き合いいただいたかた、お忙しい中、ありがとうございました。今後はぜひ練習会にいらしてください。
途中抜けて補講の方も、可能な限りご都合をつけてくださって、ありがとうございます。また近々お会いしましょう。
それまで何かおぼえていることがあったら、キネステを使ってみてくださいね!
2016年2月~の予定は、こちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。