癌治療について、治療しないことが一番の治療という記事を見たので、少し(家族のプライバシーをさらすことになるのでどうしようかと思ったのですが)。SNSに書くのはやめときますが、少し。

昨年の明朝、母が癌で亡くなりました。母はほぼ治療をしていません。発症からだいぶたっていたので、治療をしないことで延命したのかもしれませんし、治療をしたらもっと長生きできたのかもしれません。それは誰にも分かりません。
父は15年ほど前から癌を患っておりますが、治療を受けて現在も存命です。父も家族も認識としてはがん患者なのは父である、というものでしたので、母が先に癌で亡くなるなどとは、母がなくなる寸前まで、誰も予想していなかったと思います。

両親の例を見ていると、病院で治療をしないからどう、したからどう、自然療法や民間療法をしたからどう、などと一概に言うのは憚られます。ご本人と、ご本人が意向を聞きたいと望む範囲の周りの人の、納得の行くようにするしかないと思います。

どんな体験をしたとしても、他の人にその体験を押し付けたり、それをしない人を責めたりするのは、相手のことを思ってのことだとしても、いいことだとは思いません。
人はそれぞれ違います。誰にでもうまくいく方法などないのではないかと思います。同時に、それがあればどんなに良いだろう、とも、思ってはいますけれども。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です