靴は体の一部です

みなさま、靴をどんな基準で選んでますかー。
男性はともかく、女性はデザイン重視のかたが多いのではと思います。

私は、かつて立ち仕事をしていたのと、足の幅が広いのと、体重が重いのとで、履く靴をかなり選びます。日頃はドイツのとあるメーカーの、中でも幅広対応木型の靴ばかりを履いているのですが(デザインは数種類持っていますが木型は全部同じ)。なのですが、ちょっと前に同じドイツ製で幅も広いけど違うメーカーの靴を履いてみました。そうしたら履き続けるのは無理と分かったので、その後そこのメーカーの靴ははかないことにしたのですが、無理だった原因が、私の場合は靴底でした。靴底の材質が厚くて硬かったため、歩いていて地面の状態が良く分からなかったのです。足のホールド感とかはしっかりしていたのですが、アスファルトの上の小石を踏んでも横断歩道の白線を踏んでも分からない時点で自分には無理、と思いました。
靴はおしゃれアイテムでもありますが、それ以前に、その人の全体重を支えて、接地面とコンタクトをしながら移動を助ける、生活の道具です。実用第一が一番とは言いませんけれど、靴を選ぶときに価格やデザインだけでなく、体の一部でもあるという感覚を持って選ぶこともしてほしいなあと年配の女性の足をマッサージするたびに思ったりするのでありました(アーチが崩れてるとか外反母趾とか、そういうことのない足に出会うことが、女性の場合はとっても少ないのです・・・)

 

ゲルカヤノ

ということで、体重とか足幅とか足型とか走るときの足の付き方とかを計測の上で選んでもらった、走る靴。下手な人ほど道具の性能は大事です・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。