阪神スナックパークの行方(個人的朗報)

この際、大阪ネタをもうひとつ。
梅田の阪神百貨店の地下に、スナックパークというコーナーがありました。どんなコーナーかというと、関東者のイメージとしてはスーパーとかのフードコートのぎゅっと詰まった凝縮版みたいな感じですかね(違、という関西人のかた、すみません)。それが先月末くらいだったかに閉店…っていうのか、コーナー終了になったのですね。スナックパークでいか焼き(焼いたイカじゃないんですよー。お好み焼きから小麦粉と卵以外の全ての要素を抜いてイカを加えて圧縮して焼いたみたいなもの)とちょぼ焼き(たこ焼きから生地以外の全ての要素を抜いてふわふわ成分を加え、細かい味付けこんにゃくを入れたようなもの)と551蓬莱のチャーシュー饅(売ってるとこが年々少なくなる蓬莱のひみつメニュー)を買って帰るのが定番コースだった我が家では、スナックパーク終了のニュースを淋しく思っておりました。

で、今回、チャーシュー饅を買いに行ったのですが、そうしたらなんと蓬莱の向かいに「イカ焼き売り場」があるではないですか!!そして少し離れたところに、ちょぼ焼き売り場も…!!!イカ焼きは大行列だったので(うんうん、みんなイカ焼きが大好きなんですね←だが私はちょぼ焼き派)、ちょぼ焼きとチャーシュー饅だけ買って帰りました。イカ焼きとちょぼ焼きが残ってくれて良かったー。
他の売り場については元々利用していなかったので分かりませんが、阪神百貨店は阪急グループになってしまってしばらくたちますが、これからも阪急っぽく上品にならないで、なるべく庶民的な阪神っぽさを残しておいていただきたいものです。

20150330_063108

ちょぼ焼きの箱。中身は既に入っていない。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です