頑張れば頑張るほど、出来なくなる事がある(キネステティク・クラシック ネオ)

「頑張ります」の続き(?)です。
柔軟性が必要なとあるポーズについて、筋トレしたらできなくなるのではないかと質問(っていうか世間話)を受けました。
その可能性は高いかもしれません。
なんでも頑張ればできると思いがちですが、頑張れば頑張るほどやりにくくなることがあります。
何かを頑張ってやってたときにはできなかったのに、諦めたら出来たこととかありませんか。それは頑張りが必要なかったことです。

例えば、自転車に乗れるようになったときのことを憶えてる方は、思い出してみてください。
自転車は、漕がないと倒れます。乗れない間はすごい緊張してがちがちで乗ってます。で、結果的には、意図とは逆に、バランスがとりにくくなります。
でも、乗れるようになったら、力なんか要らないということが、いつの間にか分かります。大人になっても全身緊張して自転車乗ってる人はあんまりいないですよね。

最近、自転車は足で地面を蹴って進むのに乗ってからペダルをつけるというのが流行ってるみたいですが、あれは上手いやり方だと思います。バランスをとることだけを覚えてから漕ぐことをする方が、一個一個に集中できますもんねー。

ということで、何かやって上手くいかないときは、頑張るのをやめてみましょう。それでもだめならまた他の方法を試しましょう。介助の頑張るをやめる、頑張る以外の方法としては、キネクラネオをお勧めします。

東京は八月受付中!名古屋七月、体験会一席のみ受付中です。満席になりました、ありがとうございます!
上記を受けると九月のサポーターレベルの受講資格が得られます。ぜひ。

最新の予定は、こちらから。
お問い合わせは、こちらからどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。